<   2007年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2007年 04月 30日
Street Shooting 3
c0018384_0253777.jpg
c0018384_0255377.jpg
c0018384_026751.jpg


by namasutee | 2007-04-30 00:26
2007年 04月 27日
Street Shooting 2
c0018384_11422023.jpg
c0018384_11423982.jpg
c0018384_11425493.jpg


by namasutee | 2007-04-27 11:42
2007年 04月 26日
Street Shooting 1
c0018384_13594.jpg
c0018384_1352510.jpg
c0018384_1354163.jpg


by namasutee | 2007-04-26 01:35
2007年 04月 25日
十条
c0018384_14233454.jpg
c0018384_14234890.jpg


by namasutee | 2007-04-25 14:24
2007年 04月 21日
赤羽台
c0018384_0224434.jpg
c0018384_02321.jpg
c0018384_0232973.jpg
c0018384_0234484.jpg
c0018384_0235755.jpg


by namasutee | 2007-04-21 00:24
2007年 04月 20日
滝野川
c0018384_0312640.jpg
c0018384_0314330.jpg


by namasutee | 2007-04-20 00:31
2007年 04月 18日
五反野
c0018384_23481539.jpg


久しぶりにブログの写真でときめいたので、ご紹介しておきます。

a1 photo http://a1photo.exblog.jp/

個人的にはふるさと通信のシリーズがよかったな。
こういうのが味のある写真って言うんだろうねぇ。

by namasutee | 2007-04-18 23:48
2007年 04月 17日
Untitled
c0018384_23112840.jpg
c0018384_231284.jpg


中平卓馬
「なぜ、他ならぬ横浜図鑑か !!」

2007年4月7日(土)~ 5月12日(土)@SHUGOARTS
12:00-19:00 日・月曜日、祝日休廊
http://www.shugoarts.com/jp/index.html

・「中平卓馬の肖像」小原真史
先入観なしに見るのもいいのですが、これを読んでから見るのもよさそうです。
http://www.shugoarts.com/jp/nakahiratext.html

先日のUPギャラリーでの話題の中に絶対写真というのがあったけれど、もしそ
ういうものがあるのなら、いま中平が撮っている写真こそがそれに近いような予
感がしている。

by namasutee | 2007-04-17 23:12
2007年 04月 16日
牡丹
c0018384_1751359.jpg


by namasutee | 2007-04-16 17:48
2007年 04月 16日
門前仲町
c0018384_0235832.jpg


週末に見た写真展

・記憶の位相 - Aspects of Memory@UPフィールドギャラリー
2007年4月6日(金)~4月22日(日) 12:00~19:00 ※会期中無休
http://www.upfield-gallery.jp/

グループ展です。福居伸宏さんの写真を見にいきました。
豊富なディティールなのに、安易に言語化するための手がかり周到に排除した
夜の都市ランドスケープ。
勝手に、ミニマリズム的なランドスケープなのではと思いつく。
思考のための挑発的な資料として、いろいろなことを考える手がかりになりました。
作者が自己に課した撮影上のルールなどを聞くと、見方がちょっと広がるかも。

・鈴木信彦(TOKYO SPIRITUAL/Agua De Beber)
        2007.4.2~4.28  19:00~24:00
        新宿歌舞伎町1-1-6(ゴールデン街 まねき通り)
        TEL/03-3205-8239
http://members3.jcom.home.ne.jp/tokyo-spiritual/news.html

夜の渋谷を中心に撮られた人物のスナップ写真。
なかなかスタイリッシュでカッコイイのだが、写されたものから受ける印象と逆のことを
思うことでこそ、その真価がわかるような写真なのだろうと気が付いた。
喩えれば、影があってこその光ってやつだね。
週末の夜なら本人がいるので、いろいろ話が聞けるはず。

・Eight Invisible Stories 田嵜裕季子@art & river bank 2007.4.14 - 4.28
http://www.art-and-river-bank.net/ja/j-index.html

8人の視覚障害者をめぐるビデオプロジェクトなので、写真展ではないのですが。
ある物事について、失われた視覚を別の知覚に置き換えて他者(作者)とコミュニケートする
さまを見せることで、トランスフォームされた表現(コミュニケート)を重層的に見せている。
表現する様子を表現したものを見る鑑賞者。視覚が触覚や聴覚、言語へ変移されるさまを
視覚で理解する鑑賞者といった構図だね。その際に、鑑賞者側が置きかえられた知覚の記憶
を呼び覚まされたりもする。
対象者が製作を体験はするのだが、その完成品を完全な形で知覚することが出来ないという
アイロニーがあるところが、泣かせるね。
これは相当面白かったです。

by namasutee | 2007-04-16 00:24